CD「都市の目覚め」「HORIZON」「Actual relief」Sakanoshita Norimasa

CD「都市の目覚め」「HORIZON」「Actual relief」 坂ノ下典正

toshi

HORIZON

Actual

マイナス11℃
帆布のカーテンをはずすと
窓から冬の日差しが店の奥まで入ってきた
今朝お店に入って一番最初に手にとったのは
Actual Relief
小さなボリュームで掛けてみる

たまにふと思うこと
小さなボリュームで聴くことで
その音楽の本質に触れることがある

痛いくらいの寒さに
やさしい光が入り込み
心が先に暖かくなる

その冬の光のようなギター

冬至を過ぎた太陽が
1時間に15度動くように
1日1分昼が長くなるように
確かでゆっくりと
たくさんの周波数を
その光に溶け込ませながら

 

坂ノ下典正さん、ギタリスト。
近代音楽としてのギター、そしてジャズ、ボサ・ノヴァ、即興音楽
全ての要素がひとつの音の中で溶け合っている
アコースティックギターのソロアルバム「Actual Relief」。

二作目となる「HORIZON」はより自分と向き合う時間に
または昼と夜の狭間、夜と朝の狭間に似合うと感じています。

ソロ最新作という位置付けとなる「都市の目覚め」
最初に聴いた時に感じたのは、ある種の覚醒感
そしてその源を確認するように何度も聴きたくなってしまう
こんな書き方はよくないのかもしれませんが
お客さんが途切れた時に掛けたくなる音源です。

 

<余談>
坂ノ下さんと共通の友人であるよしえさんが
「坂ノ下さんには秘めたるパンク魂があると思う」
と言っていたことが忘れられません。

2018.01.25|棚にあるもの

検索

喫茶carta

© 2015 kissa carta