棚展「asterism – table -」Kae Higuchi & kissa carta

<cartaのonline棚へはコチラから 会期前ですが全作品閲覧可能です>

プリント

cartaの棚展

asterism 
vol.1 – table – 
Kae Higuchi & kissa carta

carta 実店舗 : 2020年6月11日(木)11:00 〜 6月29日(月)19:00
carta online棚 : 2020年6月11日(木)12:00 〜 6月29日(月)23:59

cartaの棚に小さな絵が並びます。
小さな星々が集まって、ひとつの星座になるように。
単語が並んではじめて意味をなすように。
個であり、繋がるものたち。

今回はサブタイトルを「table」とし
cartaで過ごす時間をイメージして描かれた9点。

それぞれの席に座るひとはそれぞれの個(星)でありながら
ひとつの空間や時間の中で手を繋ぐこともできるし
その手を取らない自由もある。
そしてまた巡りあうこともある。

本物のピースを、近くへ、遠くへ。
手紙のように届けられることを願って。

−−−−−−

「小さくても本物の絵を、手紙のようにお届け出来たら。」
喫茶cartaのお二人よりそうお声がけ頂き、この [ asterism ] の企画ができました。

今まで描いたことのない、この小さなサイズの絵たちは、
幾つかの星を繋いでひとつの星座になるような絵。
または、丸いクリスマスケーキのようなものでもあるかもしれません。
サンタの砂糖菓子がのっているピースもあれば、モミの木の飾りだったり、チョコの家だったり、
同じだけれど同じではないケーキを、囲んで分け合うイメージです。
そんな気持ちで、ひとつのテーマをもとに幾つかの小さな絵を制作いたしました。

今回は喫茶cartaで過ごす時間をテーマに「table」として9点の小品を描きました。
9つある席で、それぞれの過ごし方で。

新型コロナウイルスの影響で色々な場所に訪れることが難しい中、展示も、販売方法も
これまで通りにはいかないところがあり。
難しく困難さを感じつつ、その中でも何か楽しめる事を選んでゆけたらと思っています。


[ carta ] はポルトガル語で手紙という意味だそうです。
手紙のように、小さな絵をいくつか。
そして、その絵をポストカードにし、セットで限定販売いたします。
喫茶cartaからのお手紙、お届け出来たらと願っております。

樋口佳絵

---

この春の出来事を通して
cartaが大切にしたいことは
ひと息タイムのための空間を整えておくことなのだと
あらためて実感しました。

そこにはお茶やコーヒー、甘いお菓子と
ふっとほぐれる何かがある。

その<何か>をお届けできる方法を考えて
cartaのオンラインストアを開きます。

第一回目は

小さな本物の絵。

cartaの棚展のために描いてくださった小さな、静かな絵。
樋口佳絵さんが、cartaで過ごす時間をイメージしてくださいました。

ふだん美術館やギャラリーで目にする樋口さんの大きなテンペラ画は
絵の前にしばし佇んで今うほど力があって圧倒的ですが
今回の樋口さんの絵はポストカードくらいの大きさ。
それよりも小さいものもあります。
そして絵が自立できるよう、厚みがあります。
小さくても質感や色のトーン、そこに座る子どもたちはそのまま。
サイズから伝わってくる愛おしさや、自分の好きな場所に置けるということが加わって
さらにこころに作用してきます。

画家が真面目に向き合った絵がかかっている空間は
落ち着きと閃きの両方があるように感じます。
心許ないときも、高揚しているときも
自分のそばに、本物で本当にお気に入りのpieceがあれば
いつだって自分だけが戻れる<スペース>を持てると思います。

cartaの棚に並ぶ数枚の絵が集まって、ひとつの星座を作るような
大きな一枚の絵になるような展示なので「asterism」と名付けました。

毎日を過ごす場所に、心地よい美術をお選びになりませんか。
盛岡のcartaを訪れていただいても。
オンラインからでも。

ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

---

今回、作品ひとつにつき、ポストカードセット(9枚入)を同封いたします。
さらに、樋口佳絵さんからの嬉しくなるおまけ、小さな版画も。
この版画は2種類ありますが、こちらで選ばせていただきます。
ご了承くださいませ。
すべてオンラインストアで閲覧可能です。

9枚の絵をポストカードにしたセット(9枚入)は限定数となります。

2020.06.07|棚にあるもの

検索

喫茶carta

© 2015 kissa carta